家族葬というお葬式のスタイル

多くの方に選ばれはじめた家族葬儀

最近家族葬というお葬式のスタイルが、注目されています。
以前はお葬式というと、家族・親族だけではなく近所の人から会社の人まで、多くの参列者が集まるのが当たり前でした。
しかし、中には故人とあまり親しく無かった人や義務感から参列する人もいて、お金がかかることもあり負担に感じる人も増えていきました。

家族葬が選ばれる理由

また、大勢の参列者がいるとその人達への挨拶やお世話などで、家族が故人とのお別れに時間をかけることができない、という悩みもあります。
忙しいときは悲しみを忘れていられるものですが、いざお葬式が終わってみると抜け殻のようになってしまい、ずるずると悲しみを断ち切れない状態になってしまうのです。
これを防ぐには、悲しみに浸るときには浸り、しっかりと故人とお別れの儀式を行うことが重要です。

多くのメリットがある葬儀スタイルです

このような理由から、あえて参列者を増やさず家族・親族やごく親しい人だけでお葬式をしてほしい、あるいはしたいと考える人が増えてきています。
家族葬のメリットは、故人の死を本当に悲しむひとたちだけが集まるので、皆でその気持ちを共有できるところがまず挙げられます。
また、近しい人たちなので故人の思い出も沢山持っていて、それを語り合い思い出に浸ることもできます。
気を使う参列者もいませんので、時間に追われることなくゆっくりと過ごすことができます。

そしてもうひとつ重要なことが、費用の問題です。
お葬式はお金がかかるというイメージがあり、そのために貯金を残しているという人もいるくらいですが、家族葬であればその負担が非常に低くなります。
送られる故人も残される家族にとっても、どちらにもメリットのあるこのお葬式のスタイルが、これからも増えていくと予想されます。