日本のお葬式事情と自由な家族葬について

変わってきたお葬式事情

人が死んだらお葬式をすることになると思います。
葬式といっても、近年は多様化しさまざまな形態が生まれています。
葬式というと宗教が色濃くでる儀式ですが、最近はそれに囚われない自由な形での葬儀も行えるようになりました。
同様にお墓の事情も時代に合わせて変わってきています。

お葬式をしない人も多くなってきました

葬式の種類といえば、周辺の人に告知する一般的な葬式や、身内だけで行う密葬などがあります。
中には葬式自体をしないという場合もあります。
特にお葬式にはかなりのお金がかかるので、残された人にとっては、それなりの負担をすることになります。
最近は自分の葬式のために積み立てるサービスなどもあります。
その中で最近、増えてきたのが一般葬儀と密葬の間に位置する家族葬です。

家族葬儀は遺族と故人の希望をかなえる葬儀スタイル

家族葬は、親近者のみで行う葬儀のことです。
葬儀への参列者は、家族のみというわけではなく、密葬と違いお通夜や告別式といったセレモニーを行います。
そのため家族以外の親近者も参列することができます。
この葬儀はコンパクトに葬式を行いたいというニーズから多くなってきていますが、一般の小規模な葬儀とは少し異なるので注意が必要です。
基本的には儀礼的な弔問を受け付けず、本葬を行わないのが、一般葬儀との違いです。
家族葬のメリットは参列者が限られ、少ないことから自宅や小規模なセレモニーホールで行うことができることです。

また通常のお葬式では、直接はあまり親しくない弔問客(個人の会社の人など)への対応が必要になりますが、親近者のみで行うので、この対応に気を使う必要がありません。
また葬儀の規模が小さいので、一般の葬式に掛かる費用より安く抑えられます。
また香典など受け取らないことも多く、葬儀後の負担が軽いことも特徴です。
天使の賛美歌を流したり、キリスト教式でおくることもできるため、宗派に囚われないところにも魅力を感じる人が多くいるのです。