葬儀における火葬場での作法について

告別式後の火葬場での作法について見てみましょう

火葬場に到着すると、棺は係員の手で車から降ろされ、かまどの前に安置されます。
持参した位牌と遺影は、納めの式を行うため、用意されている小机に飾ります。
棺に小窓がある場合は、これを開けて遺族などが棺を囲み、もう1度お別れをすることもあります。

最後のお別れはかまどの前で

僧侶の読経の中、喪主から順に全員が焼香して、故人の冥福を祈る納めの式を行います。
焼香は、故人と縁の深い人から順番に行います。
読経は、僧侶が同行していなければ、火葬場専属の僧侶が行うか、係員の指示で焼香だけを行います。
式が終わって、かまどに棺を納めるときには、全員が合掌して見送ります。

火葬中は家族で談笑して待ちます

骨揚げまでは、およそ1時間ぐらいかかります。
その間、控え室で待機をすることになります。
遺族は、お酒や茶菓子で参列者をもてなし、故人の思い出話などをしながら静かに過ごすようにします。
茶菓子はあらかじめ用意をしておきますが、火葬場に売店があればそれを利用するのも1つの方法です。
控え室では、僧侶に最上席に座ってもらい、その後ろに位牌と遺影を置きます。
喪主は僧侶の隣でもてなし、ほかの遺族は出入り口に近いところに座るようにします。

骨壺に入れて遺灰とお骨を持ち帰ります

火葬が終わると、遺骨を骨壺に納める骨揚げを行います。
骨揚げは2人1組になって一片の骨を拾い上げ、骨壺に入れます。
まず、遺骨に向かって合掌し、箸を手に取ります。
そして一片の骨を2人が左右からはさみ、落とさないように注意しながら骨を運び、骨壺にそっと入れるようにします。
その後、再び合掌して次の人に箸を渡します。
喪主から順番に骨揚げを行います。
箸と箸で骨を挟むのは、この世とあの世の橋渡しをするという思いが込められているのです。