葬儀をとり行う前の準備について

お通夜前の準備について見てみましょう

まず、死亡が確認されたら親しい人たちが末期の水をとります。
これは死後の世界で飢えや渇きに苦しまないようにと、故人の唇に水を含ませることです。
本来は亡くなる前に行うものですが、現在では死亡確認後に行うのが一般的となっています。
普通は、新しい筆か、もしくは割り箸の先に巻いた脱脂綿に茶碗の水を含ませ、故人の唇を軽く潤します。
病院の場合は、病院が用意してくれる道具を使えばよいです。
配偶者をはじめとして、血縁の濃い順に、臨終に立ち会った人全員が末期の水をとりますが、事情がよく分かっていない幼児などは除くのが一般的となっています。

遺体を清め、防腐処理を行います

末期の水をとったら、湯灌で遺体を清めます。
本来は、たらいに水を入れ、湯を足して適温にする逆さ水で洗い清めるのが習わしですが、現在はアルコールで拭いて清めるようにします。
病院なら看護師、自宅なら葬儀社が行ってくれますが、遺族なら手伝いを申し出たいところです。
湯灌の後、遺体の口や耳や鼻などに綿を詰め、汚物が流れ出ないようにします。

死化粧をして綺麗にしてあげましょう

また、最期の印象を少しでも美しいものにするために行うのが、死化粧です。
目や口が開いている場合は、閉じて穏やかな顔にしてあげます。
目は上まぶたをそっとなでるように、口は顎を下から押し上げるようにすれば、たいてい閉じます。
顔がやつれているときは、頬に綿などを含ませることもあります。
次に男性はひげをそり、女性は薄化粧をします。
爪なども切りそろえてあげます。
地域によっては死化粧を避ける風潮もありますので、その土地の習慣に従うようにします。
このように、葬儀に入る前には様々な準備がありますので、事前にしっかり把握しておくと慌てることなく冷静に対応することができます。