自由な葬儀ができる家族葬

古いしきたりに囚われない自由なお葬式

葬儀における宗教の考え方とは

葬儀の形式は仏教をはじめ、神道、キリスト教など宗教によって違います。
また、同じ仏式でも宗派によってしきたりは異なりますし、キリスト教でもカトリックとプロテスタントでも違います。
一般に葬儀は故人が生前に信仰していた宗教、宗派で行いますが、特に決まった宗教がなければ生家や嫁ぎ先の宗教で行うのが普通です。

日本のお葬式で気になる宗教について

しかし、現実には日本で行われる90%は仏式で行われており、家族の中で故人だけが、キリスト教やそのほかの新興宗教などを信じていたような時は、残されたものの間で、形式が大きな問題になることが考えられます。
このような場合には、遺族でよく話し合って、できるだけ故人の遺志を尊重してあげたいものです。

自由な葬儀が家族葬儀として行われています。

また、最近では音楽葬や無宗教葬、故人を偲ぶ会など宗教にとらわれない自由な形式で行うことが増えています。
生前信仰していなかったのに、葬儀だけに宗教にのっとるのはおかしいと思っている人や、参列者が非常に多い社葬や団体葬の場合、また、故人が画家や音楽家などであった場合に多いようです。
法律的な決まりは、24時間以内に火葬ができないことと、死亡届を出す義務があることだけです。
その他、遺体の扱いは医師の指示に従うことを心がければ、良識の範囲内でありさえすれば形式は全く自由であると言っていいでしょう。
天使の歌声といわれるゴスペルをバックに出棺することなども可能なのです。

キリスト教式や故人の遺志を尊重したお葬式が可能です

非常に難しいことではありますが、故人を偲ぶにはたいへん印象深いものになるはずです。
住宅事情が悪くてもどうしても自宅で行いたいという場合は、隣家に控室を提供してもらったり、家具を置かせてもらうのも一つの方法です。
また玄関先や縁側に祭壇を置き、弔問客には外から焼香してもらうこともできます。
予算との兼ね合いもあり大切な要素です。

おすすめ